www.sixteensheep.com
キャッシングした場合、返済をする時には利息を含めての返済になるのは知っているはずです。ローン会社は経営の利益を狙いとした企業なのですから当たり前です。しかしお金を支払う方は、わすかでも少なく返したいとよぎるのが本音でしょう。利息制限法が設けられる一昔前は、30%近い利率を支払わされてましたが、施行後は高利子でも18%位とかなり低く設定されていますので、とってもお得になったはずです。現在のローンの利率幅は4%位から18%位の枠に決められていて、利用上限額により決められます。利用可能額は申込み本人の信用によって影響します。総量制限により収入の1/3までと決められていますので、収入がいくらなのか?どんな職業なのか?カードローンの利用履歴はどうなのか?あれこれ調べられ与信限度額としてキャッシングの内容が決められます。カードキャッシングの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各業者で金額は変わります)と広い幅があります。こうしてその間の中で決まった利用可能額により利子も決まってしまいます。50万円なら年間18%、300万円なら年12%、800万円なら年4%といった流れになるのです。いわば、査定が上がれば、貸付可能金額も良くなり、利子も低いというわけです。この金利に違和感を覚えるのは私しだけでしょうか?余談になりますが、カード業者にとって、それらの事実は常識なのかもしれませんが、年収の高い人がお金の借入れが不可欠とは考えずらいですし、もしローンサービスを利用した場合でも利子が高かろうが低かろうが、お金の返済に苦労する事はないと思います。むしろ収入の少ない人は咄嗟にお金が必要だから借りるという人が多く、金利が多いと返済に追い込まれるなるはずです。ですから借り入れ可能幅の良くない人こそ低利子で使用できるようにする必要があるのではないでしょうか。これは使うサイド側としての意見です。これらの事を考慮すると、利息を少なくする為にはどうしたら良いのか、漠然と分ったはずです。実際、このようにして申し出をする人がほとんどなので教えますと、キャッシングサービスの手続きに申込みをする際に、一年の収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みの手続きをするのです。年収600万円なら200万円。申込みのカードローン審査で申し込んだ満額通ればその分だけ金利が良いカードを持参することができます。であっても上限ギリギリまで使わなければならないわけでもないのです。1万円でも20万円でも必要な額だけ利用ができます。また利用限度額が300万円で最低利率年率7%位のローン企業もあるのです。そちらを申し込めばその金融会社の最低利率で返済できます。どう感じましたか?考え方次第で低金利のカードローンを手にすることが出来るのです。自分自身の年の収入とローン会社の金利を照らし合わせて、検討する事に時間を費やせば、より有利な契約で借りれるため、きちんと調べるようにしなければなりません。